取材レポート 取材レポート

飲食・宿泊・レンタル空間「UGO HUB」

yado&kissa UGO HUBオーナーの村岡悠司さんと愛犬SUN(秋田犬・オス)。めっちゃ仲良し♡

2020年4月にオープンした yado&kissa UGO HUB。オーナーの村岡悠司さんは現在38歳。大学から13年間東京都内で過ごし、2015年に秋田市にあるインバウンド専門旅行企画会社へ就職。仕事で頻繁に羽後町へ通うようになり羽後町の魅力に引き込まれていきます。2017年に羽後町に移り住み、2020年に飲食・宿泊・レンタル空間が一体となった「UGO HUB」をオープンしました。

yado&kissa UGO HUB外観。「HUB」の働きのように複数のネットワークを集約する場所に成長中

yado&kissa UGO HUBカウンター。1階はレンタルスペースと飲食スペース

村岡さんに羽後町に移住した理由を尋ねました。
「理由はたくさんありますが、かやぶき山荘 格山の阿部さん一家の存在が大きいです。前職で留学生と一緒に何度もおじゃましたのですが、留学生との時間をとても楽しんでくれる一家で、彼らの近くで本気で仕事をしたいと思いました。当時は秋田市から90分という物理的な距離もあったので、本気度を示したいという思いもあり2017年に移住。羽後町のノリも好きで、未知のものに対して“やってみるか!”と言ってくれる人が相対的に多いように感じます」

レンタルスペースで2020年7月に開催したインドネシア料理や文化を楽しむイベント。出店者同士の横の繋がりが生まれ、まさにHUB!

人との出会いは移住の大きな理由になると教えてくれた村岡さん。飲食・宿泊・レンタル空間が一体となった「UGO HUB」の構想にも、出会いを大切にする村岡さんの想いが感じられます。

月に数回レンタルスペースを利用して出店する「蓮珈琲」さん。手網で焙煎するのがこだわり。不定期に出店するお店が多数ありどれも盛況

レンタルスペースで2021年2月に行われた「沼山大根短編映画上映会」の様子。伝統野菜の復活にかける人々を知り応援する時間になった

「移住」を考えるより前に自分の幸福度を考え行動することが大切だと話す村岡さん。
「日常生活の居住満足度(幸福度)をどれだけ高めることができるかが大切。私自身は多拠点居住を実現したいと思っています。羽後町を含む国内2拠点、海外1拠点で生活できるようになりたいので、そのモデルケースになればと思っています」

UGO HUB1周年イベントの様子。「日々楽しんで生きている大人が周りにどれだけいるかが子供にとっては大切なこと」と村岡さん

2階は宿泊スペース。村岡さんは「お気に入りの田舎を見つけるため、HafHやHOSTEL PASSなども利用し地方に住む体験をしてみて」と話す

オープンして2年目の「UGO HUB」はレンタルスペースが好評。今では持ち込み企画が9割以上。地域に住む人たちがイベントや出店を企画しスペースを最大限利用しています。地域の活性化に繋がるこの活動は、地方都市が成長・持続するための効果的な機能として広がっていきそうです。
羽後町への移住を考えている方にはぜひ一度訪れて欲しいスポットUGO HUB。取材当日も移住してきた方がランチに訪れ、のんびり村岡さんとおしゃべりしていました。どこで生きるかも大事ですが、誰の近くで何をして生きるかという選択も大切であると感じました。

レンタルスペースで2020年8月に開催した湯沢市の焼き菓子屋Mlab.さんとパン工房そらさんのコラボイベントの様子

取材時、ランチにいただいた「鯖のオイル漬けパスタ(800円 / 税込)」。暑い夏でもスルスルいけちゃうさっぱり味!

【UGO HUB】

住所
秋田県雄勝郡羽後町西馬音内字本町19
営業時間
レンタルスペース/11:00~最大16:00 18:00~最大22:00
※出店者により異なります
宿泊/IN16:00~21:00、OUT10:00
喫茶/昼11:00~16:00
夜18:00~22:00
※喫茶スペースがレンタルされている場合はお休みです
定休日
火曜・水曜
電話
090-7428-8697
次のページ