取材レポート 取材レポート

タイと美郷町をつなぐ本場の味

建物1階の看板が目印。複合施設「65テラス」は、いろいろな店舗が集まる美郷町で今ホットなエリア

美郷町六郷の複合施設「65テラス(ろくごうてらす)」の中に、タイ料理専門店「タイ スパイシー」があります。メニューには日本でも人気の「グリーンカレー」から、「ゲーンヂュータオフー(豆腐と豚肉のスープ)」「ソムタイタイ(パパイヤサラダ)」といった本場の定番料理まで、色鮮やかなが品々が並びます。
店名の「スパイシー」が表すように、タイ料理の特徴はハーブ。数種のハーブを組み合わせて料理するため、香りが良く、食べると身体が温まります。

トムヤムクンラーメン(1,200円)はボリューム満点。テーブルの粉唐辛子やナンプラーで味変してもOK

おすすめは「クイッテイオトムヤム(トムヤムクンラーメン)」。自家栽培のレモングラスとパクチー・ショウガ科のガランガル・こぶみかんの葉であるバイマックルー・小さな赤タマネギホムデーンなどのハーブをブレンド。鮮やかなオレンジの見た目ですがミルクベースで辛みはありません。マイルドなコクと、ハーブの爽やかな香り、酸味が引き立て合う異国情緒あふれるスープです。麺は太めで平たいタイビーフン。クセが無く軽い食感で、お子さんやシニアでも召し上がれます。

タイレストランお持ち帰りセット(980円)。パッタイ・カオマンガイ・ガパオライスとスープのセット

麺類以外のほとんどのメニューはテイクアウトも可能です。中でも注目は、当店が最初にはじめたメニュー「タイレストランお持ち帰りセット」。タイの焼きそば、チキンライス、鶏肉のバジル炒めご飯、スープが楽しめる楽しいお弁当です。タイ スパイシーにはたくさんのメニューがあるので、まずはこちらのセットでいろいろなタイ料理を味わってみるのもおすすめですよ。

高橋ダラカーさん。旦那さんのサポートを受けながら、ほとんど一人でお店をこなす

店長でシェフでもある高橋ダラカーさんは、2012年の結婚を機にタイバンコクから美郷町へ移住しました。
当初は言葉の壁に戸惑いましたが、日本語教室に通うなどして勉強。東京五輪・パラリンピックでは、美郷町がタイのホストタウンになったことから通訳としても活躍しました。
やがてダラカーさんは「タイの文化を日本に伝えられないか」と考えるようになったそう。元々料理が好きだったことを生かし、旦那さんや周囲の協力を得て、2020年7月に地域初となるタイ料理専門店をオープン。「日本の人にタイの味を伝えたい」という気持ちが一番の原動力でした。

美郷町で開催したロイクラトンの様子。多くの人が集まり、六郷の清水に灯籠を流した

今年8月にはダラカーさん企画のもと、タイの伝統行事「ロイクラトン」がはじめて開催されました。ロイクラトンは灯籠流しで、バナナの幹や葉で作った灯籠を流し、川の女神に感謝するお祭りです。お祭りを通して美郷町の人たちが交流し、六郷の清水で行ったロイクラトンの写真は、秋田県国際交流会のフォトコンテストで優秀賞に輝きました。

ロイクラトンに向けて、竹の灯籠作りのワークショップも行い、地域の人たちが交流した

「タイを味わいたいなら美郷町に来てください」とダラカーさん。まずはぜひタイ スパイシーでタイの味を体験してください。

【Thai Spicy(タイスパイシー)】

住所
秋田県美郷町六郷馬町102 /65テラス1F
電話
0187-73-6231
HP
https://www.facebook.com/MisatoThaiSpicy/
定休日
月曜日
営業時間
ランチ 11:00~15:00(L.O14:00)
ディナー 17:00~21:00(L.O20:00)

続いては、町の個性豊かなカフェを一挙にご紹介します!
実は美郷町は素敵なカフェが多い町でもあるんです。

次のページ