取材レポート 取材レポート

スポーツ観戦で熱い休日に!

「秋田ノーザンハピネッツ」の試合風景。会場内が一体となって選手たちを応援(2019年撮影)

熱く燃える非日常を味わうことができる「スポーツ観戦」。
秋田市では、まちなかにあるスタジアムや体育館がホームゲーム会場となっており、アクセスしやすいため、気軽に足を運ぶことができ、盛り上がっています。
では、秋田市をホームとしているトップスポーツクラブをご紹介していきましょう。

プロバスケットボールチーム「秋田ノーザンハピネッツ」

国内男子プロバスケットボールBリーグに所属している「秋田ノーザンハピネッツ」。
老若男女を問わず幅広い世代のブースターが、チームカラーであるピンクのTシャツやグッズを身にまとい「レッツゴー秋田!」と叫びながら、チームとともに戦います。ホームゲームでは試合前に「秋田県民歌」を歌い、気持ちをひとつに!相手チームを圧倒するほどの会場の一体感で盛り上がります。
※コロナウィルス感染症対策のため、現在は声を出した応援は行っていません。

プロサッカーチーム「ブラウブリッツ秋田」

現在Jリーグディビジョン2に参戦し、2021年秋には制限付きながらもJ1ライセンスを取得したプロサッカーチーム「ブラウブリッツ秋田」。
チーム名「ブラウブリッツ」はドイツ語で「青い稲妻」。その名に相応しい攻撃的なサッカーは「AKITA STYLE」と呼ばれ、誠実さや献身、粘り強さなど、秋田らしさをプレーに落とし込んだスタイルを信条としています。チームカラーであるブルーのTシャツに身を包んだサポーターが、チャント(応援歌)に合わせて盛り上がり、タオルを掲げて選手を応援しています!

社会人ラグビーチーム「秋田ノーザンブレッツ」

トップイーストリーグBに所属する、社会人ラグビーチーム「秋田ノーザンブレッツ」。 企業チームが中心のラグビー界では珍しい地域密着型のクラブチームです。秋田市には15回の花園最多優勝を誇る秋田工業高等学校もあるため、秋田県出身の選手が半分近くを占めており、ラグビー熱の高い土地柄です。目の肥えた熱いサポーターも多く、女子チームとして「秋田ノーザンブレッツプレアデス」も活動しています。

「秋田ノーザンハピネッツ」チアダンスチームによるパフォーマンス(2019年撮影)

応援と歓声で盛り上がる秋田ノーザンハピネッツの応援席(2019年撮影)

観客席でチームを応援するうちに、ブースターやサポーター同士のつながりも生まれていきます。

地域の小学校で自らの体験をもとに講演を行う、ブラウブリッツ秋田の選手

各チームでは、地域の小学校やクラブでの講演活動や、選手とのスポーツ体験を通した地域貢献活動も盛んです。プロ選手の高いレベルを間近に感じることでスポーツの魅力を伝え、子どもたちの夢を広げるような活動を行っています。

秋田ノーザンハピネッツのキッズスクールでコーチの指導を真剣に受ける子どもたち

ブラウブリッツ秋田ではキッズスクールからユースチームまで選手育成に力を入れています

秋田ノーザンブレッツのキッズスクールで選手にタックル!なかなかできない体験です

各チームが開催するキッズスクールやジュニアアカデミーの内容も多様です。様々なスポーツを通じて、子どもたちに体を動かすこと、スポーツの楽しさを伝えようと工夫しています。
サッカーやラグビーはもちろん、秋田ノーザンハピネッツでは、バスケットボールのほか、チアダンスやジュニアスポーツ、ラートなどのスクールもあります。また、チアダンスとスポーツ教室はシニアクラスもあり、子どもからシニアまで汗を流して学んでいます。
基礎から上級レベルまで学べる環境のなか、チームスポーツの魅力でもある、チームメイトと一緒にプレーする楽しさや、人を思いやる心、責任感やチームワークなど、たくさんの情操を育んでいます。
ブラウブリッツ秋田や秋田ノーザンハピネッツではユースチームの育成も行っていて、将来のプロ選手育成や地域のスター選手の輩出も期待されています。

バスケットボール【秋田ノーザンハピネッツ】
HP/http://www.northern-happinets.com

サッカー【ブラウブリッツ秋田】
HP/http://www.blaublitz.jp

ラグビー【秋田ノーザンブレッツ】
HP/http://www.northern-bullets.com

子どもからシニアまでが住みやすい、「ちょうどいいまち」秋田市。
仕事も趣味も、家族との時間も、暮らし方まで自在に選べる「自分軸で生きる暮らし方」を、秋田市で実現してみませんか?

ツアー詳細はこちら