取材レポート 取材レポート

秋田のなべっこ文化は究極の食育

季節や天候に応じてテントや食事スペースをアレンジしてくれます

「川反ルーフトップ ”肉広場” Nabecco & BBQ」は、厳選した秋田の食材を使ったバーベキューを提供してくれる、秋田初のルーフトップ(屋上)アウトドアスペース。本場アメリカンスタイルのBBQと秋田に昔から伝わる「なべっこ文化」を融合させたユニークなお店です。
市の中心繁華街にあるビルの3階から屋上へ階段を登り、ウッドデッキの通路を進むと、広がるのは開放的な空とアウトドア空間。寒い季節には薪ストーブが焚かれ、パチパチと薪のはじける音と木の香りが出迎えてくれます。

ネイティブアメリカンがルーツの、とんがり屋根がかわいいティピーテント

夜にはランタンなどの照明が心地よく、星空や夜景は日頃の疲れを忘れさせてくれます。

秋田県産牛肉をはじめ県産豚を使用した本格製法のベーコンや旬の野菜のグリルなど様々なメニューが楽しめます

同店では、厳選して仕入れた県産の牛や豚を、最高の焼き加減と調理法で食べさせてくれます。塊肉は炭火で焼き上げることで、ジューシーな肉汁がギュッと閉じ込められ、切り分けて食べたときの旨味は格別です。

本場BBQといえばビア缶チキン。ビールの酵母でお肉が柔らかく旨味が引き出されます

名物「ぐるぐるソーセージ」はイチオシ!肉の旨味と食べ応え満点です

店主の伊藤さんは秋田市出身。アメリカ発祥のBBQと秋田の「なべっこ文化」は本質的に同じだと言います。
「アメリカにはホームパーティの文化があり、BBQはホストとゲストが明確なスタイルですが、同じ場所で共に食事を囲み、同じものを食べ、会話が生まれ、コミュニケーションが深まるという本質的な意味では、人間が古来から行ってきた食を通じたコミュニケーション文化そのものです。共食には、私たちの脳内に幸せ物質・オキシトシンを分泌させ、心地よい気持ちにしてくれる効果もあるんですよ」。
さらに「秋田のなべっこ文化は究極の食育」とも。

同店には、カップル、ファミリー、団体など幅広い客層が訪れます

かつては秋田の秋の学校行事としても珍しくなかった「なべっこ遠足」は、食事に関わる一連の流れをグループで行うというもの。みんなでメニューを相談することからはじまり、食材や道具(なかにはリヤカーも!)の調達、調理、ワイワイと料理を囲み、後片付けをするところまで。きりたんぽ鍋や芋の子汁、焼きそばやクレープなど、メニューは自由。
なべっこ文化で育まれるのは調理技術だけでなく、自主性や交渉力、調整力や協調性、そして達成感など、生きるために必要な多くの力です。
伊藤さんは、こうした文化を守りたいという想いから「Nabecco&BBQ」を店名に掲げ、希望に合わせた「なべっこ」体験にも対応しています。

店主の伊藤智博さん。日本バーベキュー協会公認上級インストラクター

防衛省勤務から、秋田市地域おこし協力隊を経て、同店をオープンした伊藤さん。防衛省勤務当時は転勤が多かったそうですが、秋田市に移住して本当に良かったと笑顔を見せます。
「近くに海も山も川もある。食べ物も美味しく、直売所に行けば朝採れの新鮮な野菜が手に入ります。四季の変化がはっきりしていて、次の季節にはなにをしようかと考えるのも楽しい時間です。冬はスキー、春は山菜、釣りなど、季節が巡るのが楽しみで仕方がありません」。
また、同店では冬の期間、宮城県南三陸町戸倉地区の「戸倉っこかき」を地元の漁師さんから直接仕入れて提供しています。とにかく新鮮でミネラルたっぷりのブランド牡蠣が手頃な価格でいただけますよ。

秋田市から約90分の田沢湖リトリートもオススメです。出張BBQも利用できます

【川反ルーフトップ ”肉広場” Nabecco & BBQ】

住所
秋田県秋田市大町5-2-15 川反ウイングビル屋上
電話
090-8452-9217
HP
http://nikuhiroba.com/
定休日
不定休(完全予約制)
営業時間
12:00~21:00(L.O.20:30)
駐車可能
台数
リパーク(秋田川反第4)をご利用ください
次のページ